防水工事が必要になる屋根は定期的にメンテナンスをしよう

つみ木
作業員

住宅の寿命を長く

3階建ての住宅が多い東京では、外壁を日光や風から守るための外壁塗装がよくおこなわれています。外壁が守られれば、建物自体が長持ちしやすくなるのです。また新築住宅の外壁には、効果の薄れやすい安価な塗料が塗られることがあります。そのため外壁塗装では、耐久性の高いシリコン系やフッ素系の塗料がよく使われます。

ペンキと刷毛

兵庫県での外壁塗り替え

外壁塗装は建物を雨や直射日光から守る働きをしています。しかし、時間の経過するにつれて効果は減少するようになり塗り替えが必要になります。兵庫県の姫路は一年を通して雨量が多い地域なので外壁塗装の負担も大きいと言えます。姫路市の場合は定期的な外壁塗装の塗り替えが建物を長持ちさせる重要なポイントとなります。

メンテナンスが大切

屋根の修理

突然の雨漏りに驚いて、慌てて修理を依頼する、ということはよくあることです。しかし、一度雨漏りしてから修理するのでは何かと大変です。家屋の中でも、一番劣化が早いと言われているのが屋根の部分です。直射日光が良く当たり、紫外線に常時さらされていることで、劣化が早くなります。また、夏の暑さと冬の寒さを繰り返すことも、劣化の原因となります。劣化が酷くなってしまうのを防ぐためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。家を建てた当初に防水加工を施していても、経年劣化により、効果が薄れてきます。屋根から雨漏りしてしまうと、家の内部にも雨が侵入し、柱や壁を傷ませてしまうことにもなります。家を長持ちさせるためにも、定期的な防水加工が必要です。

屋根の防水工事には、様々な種類があります。屋根の形状にもよりますが、屋上のある陸屋根の場合ですと、ウレタンを使用したものや、ガラス繊維強化プラスチックを使用したもの、防水シートを使用したものなどが一般的です。ウレタン防水は、液状のウレタンを塗って層を作り防水します。ガラス繊維強化プラスチックは、ベランダなどにもよく使用される工法で耐久性に優れています。防水シートは、シートを専用の接着剤で貼りつけます。それぞれに特徴があり、メリットデメリットがあるので、色々調べて決めましょう。劣化が一部分のみの場合であったり、立ち上げ部分からの雨漏りの場合は、コーキング防水と言われる簡単な防水加工でも対応できます。

ペンキ

住まいを美しくしてくれる

住宅の塗装が剥がれた場合は業者に依頼して塗り直しましょう。破損している住まいは防犯上の危険が増します。名古屋で業者に塗装を依頼する際は、どのくらいの耐久性の塗料を選ぶべきか考えてみましょう。なかには二十年ほど持つ塗料もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加